長く住める家を建てよう

住宅に関する情報サイト

ハウスメーカーの強み

ハウスメーカーの強み ハウスメーカーで家を建てることができますが、ハウスメーカーの強みとして、独自の研究所や工場等で家づくりのための部品や品質について検証作業を行うことができるため、安全性を立証することができます。耐震実験も行うことが可能なハウスメーカーも存在し、耐震性においても信頼度が高めることができるのも強みといえるでしょう。
住宅を建てる際は、数十万点に及ぶ部品が必要となりますが、信頼できる部品であるか確認しなければなりません。独自の研究所や工場で検証を行うことができますが、耐震実験においても実物大の試作棟等で検証を行うことができ、地震に耐えられる構造の強さ等をチェックすることで、構造計算に反映させることが可能となります。検証作業を行うことで、部品や構造、技術等の安全性の裏づけをしっかりと確立させることができるといえるでしょう。使用される素材等も性能が進歩していますが、外壁素材に関しては性能が多機能化しています。耐火性や遮音性等の機能が向上していますが、素材メーカーと共同開発することで、セルフクリーニング機能を持つ素材等、新しい素材を誕生させることも可能です。

ハウスメーカーの弱みと完成度の関係性

ハウスメーカーの弱みと完成度の関係性 ハウスメーカーに施行を依頼するのと、工務店やデザイン会社を通すのでは仕上がりや工程管理が異なると言われております。昔ながらの住宅建築では地元に土着した工務店が建築を請け負い、各ハウスメーカーから材料を仕入れて組み上げてゆくことが一般的でした。そのためにある程度の自由さはあり、逆に言うと請負業者の質によって仕上がりや完成度は上下すると言うことが結果としてあったのです。
ハウスメーカーに依頼すれば直接的な施工もしくは、協力会社が主体となった建築が行われます。そのメーカーの工法や材料に則った建設がされるために、一定基準の完成度を上回ることが約束されているのです。しかし弱みとして協力会社の部材などを優先的に使わなければいけないなどの制約があり、工務店に依頼する時ほど自由度がないことが一般的であります。それは完成度や品質を担保しているために、計算上でイレギュラーを起こすことには積極的ではないからです。このように施工会社によって、それぞれメリットとデメリットがあります。

新着情報

◎2021/9/30

サイト公開しました